寿司についての面白い雑学

日本が世界に誇る国民的料理、寿司についての面白い雑学を紹介します。
なかでも回転寿司についての話を紹介。
今や低価格でメニューも豊富なことから大変に人気で外食の定番となった回転寿司。


江戸時代に発祥する歴史ある料理ながら、その当時には考えられなかった、機械による回転という要素を導入することでさらに人気の料理になった感があります。

今よりも柿の葉寿司の有益な情報をお届けします。

その背景にはさまざまな努力や工夫がありました。

このベルトコンベアタイプの機械で運ぶ皿に載せた食材を提供する方式を日本で初めて導入したのは、大阪にある店で、1958年のことでした。

この画期的な方式をアピールするのに、その店ではその1年前に世界で初めて成功した人工衛星の打ち上げにちなんだキャッチコピーで宣伝したと言います。

ここに時代の違いと歴史を感じます。

回転寿司が普及するきっかけになったのは、1970年の大阪万博でした。この万博の会場近くに回転寿司店が出店、全国から万博に来た客に、その便利さと新鮮さをアピールすることができました。



その後全国に同様の店が増加したといいます。
この方式が開発された当初は、ネタを握るのは従来どおり人間の職人でした。

しかし、価格の安さも売りであるこの方式においては、徐々に人間の職人を使っているのでは採算が厳しくなります。そこで、シャリの製造から握りの完成までを機械化する動きが広がります。



握りの製造にも新たに機械化を導入することで低コスト化に成功します。この低コスト化でますます出店は増え、リーズナブルな価格もあいまって、今日では人気料理として不動の地位を占めています。